スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

世界競馬を席巻するカタール・マネー。今度は凱旋門賞有力馬を金銭トレードで獲得!


2013_6_18トレヴ
Photo by cavadeos.com

 3戦無敗でフランスオークスを制し、凱旋門賞の有力候補と目されていた3歳牝馬トレヴ。

 そのトレヴが先日、カタール王族の一人であるシェイク・ジョアン殿下に金銭トレードされたことが、この度レーシングポストの報道により明らかとなった。

 その資金力で、近年世界競馬の中で存在感を増しているカタール王族。今後しばらくはその勢いが止むことはなさそうだ。


スポンサードリンク

■世界競馬の中で存在感を増すカタール・マネー

トレヴをカタール王族が購入 / 日刊スポーツ

 近年、世界競馬の中で存在感を増しているカタール王族。

 世界中のセリ市場で、ゴドルフィンやクールモアといった大馬主たちと素質馬の争奪戦を演じたり、仏1000ギニー馬フロティラや、仏2000ギニー馬スタイルヴァンドームなどをトレードで獲得したりと、活発な動きを見せている。

 日本でも先頃行われたセレクトセールに、カタール王族の一人であるモハメド・ビン・ハリファ殿下が参加。何頭かの馬を競り落とし、将来的には日本で走らせるプランを持っていることが、つい先日報道されたばかりだ。

 そんなカタール王族が、また1頭優れた優駿を金銭トレードにより獲得した。

 その馬の名は、今年のディアヌ賞(仏オークス・GⅠ)を圧勝したトレヴ。以前このブログでも取り上げた(※その記事はこちら)ように、そのディアヌ賞の圧勝振りから凱旋門賞の有力候補の1頭に数えられている名牝だ。

 同馬は管理するクリスティアーヌ・ヘッド師の父親が馬主だったのだが、ここまで順調さを欠くことが多く凱旋門賞への登録を済ましていなかった。

 もちろん追加登録を行えば凱旋門賞への出走は可能なのだが、日本円にして約1000万円ほどの追加登録料が必要となるので、資金的にも凱旋門賞出走に慎重になっていたという。

 今回資金力のあるカタール王族にトレードされたことにより、凱旋門賞出走に関して資金面での障害は、ほぼ無くなったと言っていいだろう。これによりトレヴの凱旋門賞参戦の可能性は、かなり高くなったと思われる。

 今回トレヴを金銭トレードで獲得したシェイク・ジョアン殿下は、先日世界的名手であるフランキー・デットーリ騎手と専属契約を結び、世界の競馬関係者を驚かせた。

 トレヴはここまでT・ジャルネ騎手が主戦騎手として手綱を取っていたが、今回のトレードにより次走のヴェルメイユ賞からは、デットーリ騎手が手綱を取る可能性がかなり高くなっただろう。

 薬物事件からの復帰後は余りパッとしないデットーリ騎手だが、その技量は今更説明する必要がないほど。今回強力な後ろ盾を獲得したことにより、今後は遅れを取り戻すかのように巻き返してくるかと思われる。

 悲願の凱旋門賞制覇を目指すオルフェーヴルやキズナにとっても、強力なライバル候補であるトレヴ。今後もその動向には注視しつづけたいところだ。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/07/19 09:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。