スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キズナの帯同馬ステラウインドの次走が決定



 凱旋門賞へと出走するキズナの帯同馬として、共にフランスへと渡ったステラウインド。

 先日のフォワ賞では強豪相手に健闘した同馬だが、どうやら今後の予定が決まったようである。


スポンサードリンク

■日本馬にとって縁のあるレース

キズナの帯同馬ステラウインド、ドラール賞へ

 キズナの帯同馬としてフランスへ渡り、先日のフォワ賞では強豪相手に5着と健闘したステラウインド。

 戦前はフォワ賞の結果次第では、キズナと共に凱旋門賞出走も検討するという報道があったが、どうやら凱旋門賞挑戦は自重し、前日に同じくロンシャン競馬場で行われるドラール賞(GⅡ)へと出走することが決定したようだ。

 フォワ賞ではスローな逃げを打ち、現地のGⅠ級相手に5着と健闘したステラウインド。ただ展開的にはかなり恵まれていたのは確かで、それで5着が精一杯なのだから、さすがに現状で凱旋門賞に挑戦するには力不足と言う判断に達したのだろう。

 凱旋門賞前日に行われるドラール賞ならば、さすがにそこまでメンバーも強くならない筈。このレースには過去にも日本から凱旋門賞出走馬の帯同馬が何頭も出走しており、2002年にはイーグルカフェが3着と健闘した縁のあるレース。

 昨年のシリュスデゼーグルのような大物の参戦が無ければ、ステラウインドでも充分勝負になるのではないだろうか。

 今回のフランス遠征。キズナやオルフェーヴルといった、凱旋門賞で好勝負を期待できる馬たちにどうしてもスポットライトが当たりがちだが、帯同馬として同行しているブラニーストーンやステラウインドも頑張っている。

 特にステラウインドは競走馬としてまだまだ伸び盛りの存在。今回の経験を糧に、将来は大きく羽ばたいて欲しいところだ。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2013/09/18 07:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。