スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニホンピロアワーズの目を見張る充実ぶりに驚く ~2014フェブラリーS出走馬追い切り診断~



 いよいよ今年最初のG1フェブラリーSの朝を迎えました。

 日本のダート路線の充実ぶりと比例するように、毎年好メンバーが集うようになったフェブラリーS。今年も現状のベストメンバーがほぼ出揃ったのではないでしょうか。

 ドバイへ向けても重要な一戦となるフェブラリーS。果たして今年最初のGⅠを制するのはどの馬になるのでしょうか。


スポンサードリンク


■2014フェブラリーS追い切り診断

1番ゴールスキー
 坂路で単走。前半はしきりに行きたがっており、元気の良さを感じさせる。一週前より脚捌きに鋭さを増しており、順当に良化してきた模様。もっと良くなると思うが、まずGⅠでも恥ずかしくない状態に持ってこれたのでは。
評価★★★★


2番ベストウォーリア
 坂路で単走。脚捌きが非常にきれいで、全く乱れがないところに好印象。馬場状態の良い時間帯とはいえ、動き自体が非常に素軽く状態の良さが伺える走り。若干重心が高めなことと、フットワークに伸びがないところから距離はギリギリかも。出来自体は非常に良い。
評価★★★★


3番ソロル
 坂路で単走。動き自体は活気があっていいが、追われてから何度かバランスを崩していた場面が目に付いた。まだ全体的に芯に力が付いていないのかも。追われてからの反応もグッと来るところがなかったし、まだまだ良化の余地は残しているといった感じ。
評価★★★


4番ワンダーアキュート
 CWコースで単走。前半からセーブ気味で、終い少しだけ気合を付けるといった内容。G1の最終追い切りとしては軽すぎて、何とも評価し辛い。今回一部で右後肢に不安が噂されており、もしかしたらそれが原因でしっかり負荷を掛けれなかった可能性も。正直今回は軽視しても良いのではないだろうか?
評価★★


5番エーシントップ
 坂路で単走。馬場状態の良い時間帯と言うこともあるが、相変わらず追い切りでは良く動く馬。ただ時計は出ているものの、良い時に比べて動きに素軽さと鋭さを感じなくなったのが気になるところ。個人的にはまだベストの状態までは戻りきっていないというジャッジだが・・・。
評価★★★


6番ノーザンリバー
 坂路で単走。左右の後肢が若干外に振れ気味で、ちょっと腰が甘いところがあるか。ただ脚捌き自体は非常に軽快で、前走時の状態の良さをそのままキープしている感じ。全体的に身体が硬く1400mがベストな感じのする馬だけに、1ハロンの距離延長がどう出るかだろう。
評価★★★


7番ニホンピロアワーズ
 CWコースで単走。今までポリで追われてきた馬が、ここ2週はCWコースでの追い切り。管理する大橋師によると馬場状態を考慮してとのことだが、動き自体は2週とも非常に素晴らしかった。2本とも馬なりでの追い切りだが、フットワークに全く硬さを感じさせず、伸びのある走り。それでいてスピード感は充分で軽さを感じさせるのだから、状態はかなり良いのでは。これは勝負を掛けて来た印象。
評価★★★★★


8番グランドシチー
 南Wコースで併せ馬。1週前、そして今回と併走馬に煽られる内容。正直前走の動きの方が全然良かった印象を受ける。元々追い切りはそんなに動く馬ではないが・・・正直微妙かな。
評価★★


9番アドマイヤロイヤル
 坂路で単走。馬場状態の良い時間帯ではあるが、中々の好時計をマーク。回転の速いフットワークで追われてからも鋭く反応しており、状態の良さを伺わせる内容。若干重心が高いことと、フットワークが硬めなところから距離はギリギリかもしれない。
評価★★★★


10番ドリームバレンチノ
 坂路で併せ馬。荒れていた時間帯なので時計はマズマズだが、動き自体はそれほど目立つものでもなかった。良い時はもっと鋭い動きを見せる馬だけに、出来としては今ひとつかも。地力は高いが能力でどこまで?といったところだろうか。
評価★★★


11番ベルシャザール
 坂路で併せ馬。頭が高めなのはいつものことなので気にする必要はなし。併せた馬に煽られる形になったが、元々追い切りはそんなに動かないタイプなので、これも気にする必要はないかも。動き自体はJCダートの時と余り変わらないように見えた。ドバイを意識しての仕上げだろうが、動ける状態にはあるのではないか。
評価★★★


12番ブライトライン
 CWコースで単走。前半から飛ばしたせいか、終いは少々掛かったものの全体的には好時計をマーク。状態自体は変わらず良さそうだが、最後多少バテたとはいえ頭が高くなり、フットワークが伸びなくなったのは気になるところ。ここ2走は最後詰めの甘さを見せるような格好での敗戦が続いているが、もしかしたらこの辺に原因があるのかも知れない。
評価★★★


13番コパノリッキー
 CWコースで3頭併せ。長めからの追い切りで、馬なりながらも最後までしっかりと走らせたという印象。故障明け3戦目ということで着実に良化して来ている感はあるが、さすがにG1でどうこう言える状態までは戻ってきていないか。ここはどれだけやれるか?といったところだろう。
評価★★★


14番ダノンカモン
 CWコースで併せ馬。休み明けの根岸Sを叩いて、きっちり良化してきたなという印象。脚捌きも鋭く、追われてからしっかりと反応しパートナーを突き放した姿は、良い時の同馬の姿そのものだった。明けて8歳という事でそろそろ衰えを心配される時期ではあるが、出来自体は良いので好走も充分有り得るかもしれない。
評価★★★★


15番ホッコータルマエ
 坂路で併せ馬。前半ゆっくりの終い脚を伸ばすという内容だが、一週前より明らかに鋭さを増しており、きっちり仕上がったなという印象。こちらもドバイに向けて多少余裕を残した仕上げだが、力は充分発揮できる出来だと思う。
評価★★★★


16番シルクフォーチュン
 CWコースで単走。動きが硬いのはいつものことだが、今回はここ2走に比べて全体的に動きが鈍かったように思う。直線で珍しく鞭が入ったのも、同馬の反応の鈍さに助手が気付いたせいだろう。昨秋から休みなく使われているが、ここに来て出来落ちしてきたのではないだろうか?
評価★★

※各評価の意味は以下の通りです
メンバー中1番★★★★★
抜群の出来★★★★
好調をキープ★★★
平凡な仕上がり★★
全然ダメ


◆2014フェブラリーS予想◆

◎ニホンピロアワーズ
○ホッコータルマエ
▲ベルシャザール
△ゴールスキー、ベストウォーリア、アドマイヤロイヤル、ダノンカモン



◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/02/23 08:00 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。