スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ナムラタイタンの岩手競馬移籍はJBCを睨んだものか?


 デビューから6連勝を記録し、2011年の武蔵野ステークスでは重賞制覇も果たしたナムラタイタン。

 そのナムラタイタンの地方・岩手競馬への移籍がこのたび主催者であるJRAから発表されました。


スポンサードリンク


■余力あるうちに新天地へ




ナムラタイタン、盛岡へ移籍 / netkeiba.com

 この発表には少し驚きましたね。ここ2年ほど勝ち星から遠ざかっているとはいえ、オープン特別や重賞でも堅実な走りで時折馬券圏内を確保する走りを見せていたナムラタイタン。

 今年2月の佐賀記念でも、勝ったランフォルセから0秒2差の3着に食い込むなど、明けて8歳になってもまだまだ衰えていないといった感じだったのですが。

 それだけにこのタイミングでの盛岡移籍には驚いたわけですが、タイミング的にはちょうど良かったのかもしれませんね。

 オープン特別や重賞でも堅実な走りを見せているとはいえ、全盛期と比べると明らかに勝ち切れなくなってきていたナムラタイタン。

 このままレベルの高い中央のダートで揉まれていくよりも、相手関係が明らかに楽になる地方へ移籍するタイミングとしては、余力ある今が一番良いのではないでしょうか。

 また今年は盛岡でJBCが開催されます。おそらく今回の移籍は地元代表としてのJBC出走も視野に入れてのものだと思いますので、このタイミングで移籍してしっかりと準備するという狙いもありそうですね。

 いずれにしてもここまでダート路線の有力馬として、多くの競馬ファンを楽しませてくれたナムラタイタン。

 次の新天地は東北岩手となりましたが、岩手でも多くの競馬ファンに愛される存在で居て欲しいと思います。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/02/27 13:30 ] 競馬雑談 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。