スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンデーサイレンスの血がまたブラジルで重賞を制す



 ブラジル競馬といえば近年はアグネスゴールド産駒の活躍が良く知られていますが、そのブラジルからまた嬉しい知らせが届きました。

 アメリカで種牡馬生活を送るサンデーサイレンス産駒のサイレントネーム。

 その産駒の1頭であるJaspion Silentが、ブラジルのGⅢ『GRANDE PREMIO 14 DE MARCO(芝12ハロン)』を、2着馬との壮絶な叩き合いの末に快勝!

 アメリカで暮らす父に嬉しい重賞制覇を送りました。


スポンサードリンク


■壮絶な叩き合いを制したJaspion Silent




 画像が荒くて分かり辛いですが、馬群の中で脚を溜めていたJaspion Silent(ゼッケン5番の馬)が、直線内から抜け出したOlympic Canada(ゼッケン10番)との叩き合いをハナ差制しました。

 Jaspion Silentは父サイレントネーム、母Xiririca Da Serra、母の父Know Heightsという血統のブラジル産の4歳馬(詳しくはこちら)。

 父のサイレントネームは2012年の凱旋門賞馬ソレミアの馬主として有名なヴェルトハイマー兄弟が、サンデーサイレンスと交配する為に白老ファームに預託したダンジグアウェーとの間に生まれた日本産馬。

 現役時代はフランスやアメリカで走り、アメリカで重賞2勝を挙げた後にケンタッキー州のアデナスプリングスで種牡馬入り。2011年からはニューヨーク州に移動して種牡馬生活を送っています。

 2009年にシャトル種牡馬としてブラジルで種付けしていますので、Jaspion Silentはその時誕生した産駒になりますね。

 近年ブラジルではアグネスゴールド産駒の活躍が目立っていますが、今回のJaspion Silentの活躍ぶりを見る限り、やっぱりサンデーの血が活きる競馬なんでしょう。

 2歳時にはGⅠでも2着を記録したことがあるJaspion Silent。今回の重賞勝ちをキッカケに、もう一度トップレベルでの走るを期待したいところです。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/03/03 08:00 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。