スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ロサギガンティアはバラ色の競走生活を送れるのだろうか? ~2014スプリングステークス・レース回顧前編~



 過去10回の勝ち馬の中で、4頭が本番の皐月賞を制しているスプリングステークス。

 昨年はこのレースを快勝したロゴタイプが、その勢いのまま見事本番の皐月賞を制して見せたのが記憶に新しいところだ。

 今年このスプリングステークスを制したのが、関東の名門・藤沢和雄厩舎所属のロサギガンティア。

 デビュー当初から大器と噂され、将来を嘱望されていた同馬。

 馬名のロサギガンティアとは、バラの種類の中でも最も大きいバラの種のことを言う。

 果たしてロサギガンティアは今後の競走生活において、その名が示すような大きな華を咲かすことが出来るのだろうか?


スポンサードリンク


■まだまだこれから良くなる馬


 同馬をしっかりと見たのは初めてだったが、藤沢和雄厩舎所属馬らしいキチッとした立ち姿と、腰で歩く歩様を見せていたロサギガンティア。

 フジキセキ産駒にしては筋肉質過ぎず、また四肢も長い馬体をしており、距離の融通はだいぶ利きそうなタイプに見えた。

 状態そのものはもっと良くなる余地を見せていたと思う。パドック周回中に遊ぶような面も見せていたし、まだまだこれからの馬に思える。


■さすがの手綱捌きを見せたミルコ・デムーロ

 レースでは手綱をとったミルコ・デムーロ騎手の上手さが目立った。

 スタートで出遅れてしまったロサギガンティア。ただそこで馬を遊ばせることなく、直ぐに馬群に取り付いたのは流石だ。

 その後は内ラチ沿いをキープしながら、ロサギガンティアのペースを守って追走していたデムーロ騎手。

 レース全体の推移を見ると徐々にポジションを押し上げていっていることが分かるが、これは必要以上にレースの流れに合わせることなく、ロサギガンティアのペースを守ったからこそだろう。

 4コーナーでは先団に取り付き、馬場が1番悪くなっている内側は避け外に出したデムーロ騎手。この辺の進路取りも完璧だった。

 直線では力強く伸びて後続を完封したロサギガンティア。

 実に鮮やかな勝利で、一躍皐月賞の有力候補に名乗りを上げたと言っていいだろう。


■相談役の奮起に期待したい

 これで一躍皐月賞の有力候補に躍り出たロサギガンティアだが、今回は鞍上のデムーロ騎手が完璧に近い騎乗を見せただけに、本番ではいくらか割引く必要はあるだろう。

 特に今回抜群の手綱捌きを見せたデムーロ騎手が、短期免許の関係で本番に騎乗出来ないのは痛い。

 これを受けてクラシック本番は柴田義臣騎手とのコンビで挑むことが、既に発表されているロサギガンティア。

 柴田義臣騎手も一流ジョッキーなのは間違いないが、デムーロ騎手と比べると・・・となってしまうのが正直なところ。

 多くの競馬ファンも同じように思っていることだろうが、果たして本番でその低い評価を覆すことが出来るのか?

 相談役と呼ばれ多くの競馬ファンに愛されている柴田義臣騎手の、ここ一番での奮起に期待したい。


◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/03/24 22:53 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。