スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

止まるところを知らないカタールマネー!! トレヴの馬主が英国ダービー馬をドバイWC直前に買収



 昨年の英国ダービー馬といえば、クールモア所有でエイダン・オブライエン厩舎に所属するルーラーオブザワールド。

 日本の競馬ファンにとっては、昨年のニエユ賞で日本ダービー馬のキズナとハナ差の激闘を繰り広げた馬といえば、イメージし易いであろうか。

 そのルーラオブザワールドだが、今週末に行われるドバイワールドカップに出走を予定しており、各ブックメーカーでも1番人気に支持されていたのはご存知の通り。

 昨年のドバイシーマクラシックで、ジェンティルドンナの前に立ちはだかったセントニコラスアビーのように、今回もまた日本馬にとって高き壁として立ちはだかるであろうと言われている。

 ・・・そのルーラーオブザワールド陣営に、先ほど激震が走った。

 なんとレース直前となったこのタイミングで、馬主間でのトレードが成立。

 カタールのアルシャカブ・レーシングが同馬の所有権の一部をクールモアから購入し、筆頭馬主になってしまったのである。


スポンサードリンク


■このタイミングでの買収劇はまさにサプライズ!



▼Ballydoyle News - March 26, 2014(※リンク先英文注意)▼

 上記のツイートや、今までルーラーオブザワールドを所有していたクールモアのHPによると、今回アルシャカブ・レーシングがルーラーオブザワールドの権利の一部をクールモアから購入し、筆頭馬主になったとのこと。

 アルシャカブ・レーシングとは昨年の凱旋門賞馬トレヴの馬主である、カタールのシェイク・ジョアン殿下が所有するレーシング組織。ドバイのモハメド殿下が所有するゴドルフィンのような組織といえばイメージし易いだろうか。

 そのアルシャカブ・レーシングが、今週ドバイワールドカップに出走する予定のルーラーオブワールドを、このタイミングで購入するとは・・・まさにサプライズと呼ぶに相応しい買収劇だと思う。


■現役引退後はクールモアで種牡馬入り予定

 今回アルシャカブ・レーシングがクールモアから購入した馬主としての権利は、どうやら競走馬時代に限定された権利のようで、現役引退後はクールモアに戻り種牡馬入りすることが併せて発表されている。

 たしかにジョアン殿下は生産活動に参入することを表明し牧場は購入したものの、種牡馬を繋養する為のスタリオン施設はまだ手に入れていない。

 なのでルーラーオブザワールドが現役を引退した後は、現時点ではクールモアで種牡馬入りするのが一番合理的な話であり、またクールモアとしてもそれでなければ流石に売らなかっただろう。

 クールモアという巨大組織を支えている屋台骨は種牡馬事業であり、そのクールモアにとってルーラーオブザワールドは将来を託す金の卵なのだから。


■今回の買収劇はドバイWCを勝ちたいという意欲の現われ

 それだけにジョアン殿下がこのタイミングで購入を決断したということは、純粋に馬主としての名声を手に入れたい。もっと言えばドバイワールドカップを是が非でも勝ちたいという意欲の現われなのだと思う。

 今年で19回目を迎え、名実ともに世界有数の大レースへと成長したドバイワールドカップ。

 出走するだけでも大きな栄誉とステータスを得られるこの大レースを、見事勝利することが出来たとしたら・・・。どれほどの喜びか、平凡な一市民である私には想像すら出来ない。

 競馬に本格的に参入し、わずか数年で凱旋門賞という一つの頂点を手中にしたジョアン殿下。

 今、もう一つの頂点と言って良いドバイワールドカップ制覇に向け動き出した訳だが、果たして事はそう上手くいくのだろうか。

 いずれにしても、答えが出る瞬間はもうすぐそこ。

 日本からはベルシャザールとホッコータルマエも出走をしている、世界最高峰のレースの一つであるドバイワールドカップ。

 日本馬の勝利を願いつつも、急遽大きな期待を背負うことになった昨年の英国ダービー馬。ルーラーオブザワールドの走りにも注目したい。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/03/26 20:50 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。