スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有力馬たちが皆パッとしなかった高松宮記念最終追い切り。その中で輝く動きを見せていた2頭とは?



 普段のレースとは違い、GⅠレースとは殆どの競走馬にとってシーズンの集大成となるレース。

 大体の陣営がレースまでに目一杯負荷を掛けてビッシリと仕上げてくるので、普通は直前の追い切りで素晴らしい動きを披露する馬が多くなるものなのだが・・・。

 ぶっちゃけた話。今回目を引く動きを見せた馬が非常に少なかった(苦笑)思わず「高松宮記念ってGⅠだよね?」と自問自答してしまったほど。

 世界的名馬だったロードカナロアが引退して以降、この路線は戦国時代に突入したと言われているが、有力と思われる馬たちの動きがイマイチなのも、この状態に拍車を掛けているのだろうか?

 今回有力と目されている馬たちがパッとしない追い切り風景を見て、そんなことを思ってしまった。


スポンサードリンク


■ベテランが近走では1番の出来で本番に望む

 そんなパッとしない高松宮記念の追い切りの中で、「これは!」という動きを見せた馬が2頭存在する。

 その内の1頭が前走シルクロードS4着だったマジンプロスパー。

 この路線ではベテランといって良い存在で、前走も仕上がり途上の状態ながらも4着と気を吐いたマジンプロスパー。

 前走を叩かれて状態が上がってきているようで、今回の追い切りでは久々に素晴らしい動きを披露。折からの雨で馬場状態が悪い中、まったく乱れの無い脚色で重い坂路を力強く登坂していた。

 昨年6着した当時よりも間違いなく出来は良い為、今年の高松宮記念なら馬券圏内突入のチャンスは大きいのでは?

 他のコースよりも時計の掛かりやすい中京コースは、同馬にとっても好相性と言って良いコース。

 今回もそれほど人気はしないだろうし、穴馬として必ず押さえたい存在だ。


■「飛ぶように走る」とはこのこと

 もう1頭素晴らしい動きを披露したのが、前走阪急杯で3着したレッドオーヴァル。

 元々追い切りは動く馬だが、今回も体調の良さを窺わせる素晴らしい動きを見せており、調教ウォッチャーの心を鷲掴みにしている(笑)

 同馬は坂路を跳ねるようにして駆け上がっていくのが特徴的なのだが、今回水分をたっぷり含んで重い馬場状態だった坂路でも、変わらず非常に素軽いフットワークを見せていた。

 この走りこそ、ディープインパクト産駒特有の類い稀なバネの証明なのだろう。『飛ぶように走る』という形容がピッタリくる走りだ。

 そのレッドオーヴァルを管理するのが、スプリンターを育成することに関しては日本一といって過言ではない安田隆行厩舎。今まで得たノウハウを駆使して同馬を仕上げてくることだろう。

 前走の阪急杯では「馬体にもっと幅が出て欲しい」と思わせる状態で3着に健闘したレッドオーヴァル。

 今回は先行激化が見込まれ、前走以上に差しの利く競馬が予想されるだけに、前走からどれだけの上積みを見込めるかで、期待以上の結果も望むことが出来そう。

 果たして当日どのような姿で登場してくるか?レッドオーヴァルのパドックに要注目だ。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/03/28 09:30 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。