スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋に向けて、大敗した有力馬たちの巻き返しは有るのか無いのか!? ~2014高松宮記念レース回顧・後編~



 ▼前記事『コパノリチャードにGⅠ勝利をもたらした2つの要素』▼

 大雨に泣かされた馬、僥倖の雨となった馬、それぞれが存在した今年の高松宮記念。

 ここでは勝ち馬コパノリチャード以外の馬たちを何頭かピックアップし、解説を加えていきたいと思う。



スポンサードリンク


■毎年この時期に調子を上げるスノードラゴン

 後方から脚を伸ばしたスノードラゴンが2着。

 まず状態が本当に良かった。昨年もそうだったのだが、同馬はどうも冬から春にかけて調子を上げるタイプらしく、昨年末のカペラSからずっと良い状態を維持している。

 今回も510キロあるとは思えないぐらいに素軽い仕上がりだったし、前日に重賞初制覇を果たした高木登厩舎のスタッフが、良い仕事をしたのだと思う。

 好走の最大要因は、何と言っても他の有力馬を苦しめた道悪馬場だろう。

 ダートのオープン特別で2勝を挙げているように、同馬は名うての道悪巧者。発走時間が近づくにつれオッズがどんどん下がっていったように、その事はファンも良く心得ていたと思う。

 レースでも直線勝負にかけ、大外を豪快に追い込んできたスノードラゴン。同じぐらい道悪が得意なコパノリチャードには届かなかったが、1番人気のストレイトガールをキッチリ差し切ったのは流石だろう。

 今後も時計の掛かる馬場や道悪競馬では、積極的に買いたい馬である。


■岩田騎手の好リードに助けられたストレイトガール

 中団から競馬した1番人気のストレイトガールは3着。

 比較的馬場の重い函館で良績を残しているといっても、本質的には良馬場でこそのタイプである同馬。

 実際1分11秒7での決着となった昨年のキーンランドCで、道悪巧者のフォーエバーマークに敗れているのを見ても分かるように、道悪馬場は決して向いているとは言えないだろう。

 今回3着に入っただけでもある意味驚きなのだが、頑張れた要因は自身の能力の高さと共に、道悪競馬での進路取りが滅法上手い、鞍上岩田騎手の功績も大きいのではないだろうか。

 昨年の函館開催でもそうだったのだが、彼特有の感性なのか何なのか?馬が比較的走り易い場所を本能的に見つけ出し、走らせることが出来る岩田騎手。

 この1つ前のレースである名古屋城Sでもアドマイヤブルーを勝利に導いていたように、道悪競馬ではかなり頼りになる存在。

 彼がストレイトガールを上手く導いたからこそ、同馬が苦手な馬場にも関わらず3着と頑張れたのだと思う。


■果敢に逃げたからこその健闘

 果敢に逃げたエーシントップが4着。

 出来がだいぶ上向いてきていたことも好走の要因の一つであるが、最大の要因は思い切って逃げた事ではないだろうか。

 スタートしてから2ハロン目を10秒7で通過するという、馬場状態を考えると一見自殺行為にも見えるハイラップ逃げたエーシントップだが、結果的にハイペースで逃げたおかげで自身も脚が上がったが、追いかける後続馬もなし崩し的に脚を使われ、最後はバタバタになってしまった。

 公式ラップではレース最後の1ハロンが13秒2掛かっているが、これはコパノリチャードが記録したものであり、エーシントップ自身は14秒から15秒ぐらい掛かっている筈。

 それでもあわや3着というほどの走りだったのだから、後続がどれほどバテていたのかが良く分かると思う。

 「最後の直線で馬場の良い所を通していれば・・・」という意見もあるようだが、あれだけ悪い馬場をハイラップで逃げたのだから、馬自身に馬場の良い所を選ぶような体力的な余裕はなかったのでは?

 可能性としては分かる話ではあるが、個人的にはラチを頼らせる進路取りで正解だったのではないかと思っている。


■秋に向けて希望は見出せたハクサンムーン

 スタートで後手を踏んでしまったハクサンムーンが5着。

 まだまだ復調途上の出来に見えたし、スタートで後手を踏んで自分の競馬が出来なかったハクサンムーンが、最後追い込んで5着したのは正直驚いた。

 結果的に馬場の良い外を通れたという要素は大きかったのだろうが、馬自身もオーシャンSの時よりだいぶ持ち直してきていたのだろう。

 今回怪我の巧妙的ではあるものの新たな面を見ることも出来たし、秋に向けて希望の持てるレースだったのではないだろうか。


■大敗した有力馬たちも今回の結果は度外視で

 その他の大敗した有力馬たち(スマートオリオン、サンカルロ、レッドオーヴァル、レディオブオペラ)も、今回は極悪馬場に泣かされたのが凡走の最大の要因であり、結果は無視しても良いのではないかと思う。

 ただこれほど酷い馬場を走らされたことにより、心身ともに相当なダメージを負わされたのは間違いないので、次走はいつも以上に状態に注意しなければならないと思う。

 これは上位入線馬たちも同じことなので、次走のパドックは大いに注目して欲しい。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/03/31 19:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。