スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

驚くべき成長力を見せたミッドサマーフェアが、桜花賞組に堂々と挑戦状を叩き付ける  ~第9回フローラステークス(G2)レース回顧~


2012フローラS

【UMAJIN】蛯名騎手の手綱でミッドサマーフェア快勝!
http://www.uma-jin.net/news/news2012042207.html
 22日、東京競馬場で行われた第11R・第47回フローラS(GII、芝2000m)は、単勝2.3倍の1番人気に支持されたミッドサマーフェア(牝3、美浦・小島太)が直線で突き抜けて快勝し、オークスの優先出走権を獲得した。勝ち時計は2分2秒0(良)、鞍上は蛯名正義騎手。

 ゴールデンナンバー(牝3、美浦・大竹)以外はほぼ揃ったスタート。押してハナを主張したヘレナモルフォ(牝3、美浦・栗田博)が引っ張る展開で、直後にアイスフォーリス(牝3、美浦・相沢)とダイワデッセー(牝3、栗東・松田国)が並走。連れてコスモアンドロメダ(牝3、美浦・中野)、ラスヴェンチュラス(牝3、美浦・小島茂)と続いた。ミッドサマーフェアは中団7番手で折り合いを付けた。

 先頭を走るヘレナモルフォが作ったペースは1000m通過が1分2秒1。道中、隊列は変わらずに4角を通過して直線に向くと、内ラチ沿いで脚色が一杯になったヘレナモルフォに並ぶようにしてアイスフォーリスが早め先頭に躍り出る。後続の各馬も一斉に追い出しにかかるが、その中からミッドサマーフェアが馬場の3分どころに持ち出して勢い良く抜け出した。坂を上がってダイワデッセー、ターフデライト(牝3、美浦・小島茂)なども脚を伸ばして追い込むも、ミッドサマーフェアは2馬身半差のリードを保ち先頭でゴール。アイスフォーリスが2着で、そこから3/4馬身差の3着に入線したダイワデッセーまでの3頭がオークスの優先出走権を獲得した。なお、単勝3番人気に推されたレッドマーキュリー(牝3、栗東・北出)は直線で伸びを欠いて16着に敗れている。

 配当は単勝230円、馬連730円、馬単1,200円、3連複47,900円、3連単163,970円。勝ったミッドサマーフェアは父タニノギムレット、母ストロベリーフェア(母父Kingmambo)という血統。


前走は見事な勝ちっぷりを見せたが、舞台が東京に移り、正直どうかと思っていた。
しかし、筆者のそのような考えを嘲笑うかのような、素晴らしい走りを見せたミッドサマーフェア。その走りは以前とは全く別物の、実に堂々とした走りだった。

短期間のうちに、素晴らしい成長力を見せた同馬。
『競馬とは、馬とは本当に奥が深い・・・。』
今回のフローラSは改めてその事を再確認する、そんなレースとなった。
スポンサードリンク




■各馬短評■

1着 ミッドサマーフェア
完勝。その言葉しか当てはまらない、見事な勝利だった。レースでは中団を追走。スタート直後はやや行きたがっていたが、直ぐに折り合いが付いた。この辺は当たりの柔らかい蛯名騎手だからこそだろう。一度折り合いが付いたあとは、スローな流れの中でも、リラックスして走っていた。これが最後の末脚に繋がったのだと思う。直線ではメンバー中最速の33秒4の末脚を披露。終わってみれば一頭だけ次元が違っていた印象だ。今日のレース運びなら、距離が伸びても全く問題は無さそう。桜花賞組にとって、怖い一頭が名乗りを挙げてきたというところだろうか。

2着 アイスフォーリス
パドックではコズミが目に付いた。いつもの事だという話だが、それでもコズんでいるよりは、スムーズな歩様にこしたことは無い訳で、その辺は陣営の仕上げに注文が付くところだろう。レースでは好位2番手を追走。スローな流れに乗って、好位から抜け出す競馬を見せたが、勝ち馬の決め手が一枚上手だった。ただまだまだ華奢で成長の余地を残す馬体。コズミの件も有ることだし、ここは一度成長を促すために放牧に出せば、もしかしたら大化けするかもしれない。

3着 ダイワデッセー
こちらも好位からの競馬。スローな流れに上手く乗り、直線は内から脚を伸ばす。これ以上望めないレース展開だっただけに、現状ではこの3着が限界というところか。これでオークスへの優先出走圏を得たわけだが、本番での好走はさすがに難しいと思う。

4着 ターフデライト
中団から脚を伸ばす競馬。こちらも理想的な競馬が出来、現状での力は出し切った印象。

5着 セコンドピアット
行き脚が付かず、最後方からの競馬。コーナーで外に持ち出さずに、内を選んだ鞍上の好判断が光った。直線では勝ち馬に並ぶ最速の上がりを披露。勝ち馬は別格としても、それ以外の馬たちとは差の無い競馬が出来たのではないだろうか。どちらかといえば奥手っぽい馬なので、これからの成長が楽しみな一頭で有る。

16着 レッドマーキュリー
道中は中団から。スタート後かなり行きたがっていたが、何とか我慢は出来ていた。3コーナー過ぎではリラックスして走れていたが、4コーナーでは既に肩鞭が入れられるなど怪しい手応え。直線でも全く良いところ無く、馬群に沈んでしまった。個人的にはキャリアの浅さが出た印象。初めて尽くしの競馬で、精神的に消耗してしまったのかも知れない。

18着 チェリーメドゥーサ
全く持って良いところ無く惨敗。さすがにここまで負けるとは思っていなかった。正直ここまで負けた原因は不明。気持ち的なモノが大きい気はするのだが・・・。


良い記事♪と思ったならばポチっとクリック(σ ̄▽ ̄)σ
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬関係者・応援へ
★クリックするとランキングに反映される仕組みです★
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2012/04/23 10:00 ] レース回顧 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【驚くべき成長力を見せたミッドサマーフェアが、桜花賞組に堂々と挑戦状を叩き付ける  〜第9回フローラス】
【UMAJIN】蛯名騎手の手綱でミッドサマーフェア快勝!http://www.uma-jin.net/news/news2012042207.html22日、東京競馬場で行われた第11R・第47回フローラS(GII、芝2000m)は、単勝2.3倍の1番人気に支持さ
[2012/04/23 10:12] まとめwoネタ速suru


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。