スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相手が悪かったトゥザワールド。皐月賞を大いに盛り上げたウインフルブルーム ~2014皐月賞レース回顧vol.2~



 前の記事では勝者イスラボニータ中心に取り上げた訳だが、ここからは気になる馬を何頭かピックアップして、皐月賞を振り返っていきたいと思う。

 まずは2着のトゥザワールドと、3着のウインフルブルームについて振り返ろう。


スポンサードリンク


■ここを落としたのは本当に痛いトゥザワールド


 弥生賞の時も良く見えたが、今回はそれ以上に良く見えたね。

 今回ベストターンドアウト賞はトゥザワールドが受賞した訳だけど、それも肯ける見栄えの良さだったと思う。

 お腹周りがボテッと見える馬だけど、これはこの馬の体型。弥生賞から8キロ馬体を絞って歩様も更に軽くなっていたし、現状では言うことない仕上がりだったのではないかな。

 レースでは好位3番手からの競馬を川田騎手が選択。

 今まで色々なレースを試してきた訳だけど、大外枠を引いてしまったということもあり、ここは小細工なしの正攻法の競馬を選択したと言うことなんだろう。

 『今まで期待に応えてきてくれたのだから、ここでも大丈夫なはず』というパートナーに対する川田騎手の信頼感も、この選択の背中を押したかな。

 結果的に前有利の競馬になったわけで、この選択は敗れたとはいえ正解だったと思う。勝ち馬にマークされる形になってしまったのは確かだが、それは1番人気の宿命。こればかりは仕方が無い。

 川田騎手とトゥザワールドにとって誤算だったのは、予想以上にイスラボニータが強かったことだろうね。

 初めての中山、初めての右回り、初めての急坂であれほどのパフォーマンスを見せるとは、当のイスラボニータ陣営以外誰も思っていなかったはず。

 もしイスラボニータが中山であれだけのパフォーマンスを発揮できると事前に知っていれば、もうワンテンポ早く仕掛けてセーフティリードを作るという選択肢もあったかも知れないが・・・。

 まあ、それでも最後は差されたかな。トゥザワールドはそれほど長く脚を使える馬ではないからね。

 いずれにしても牡馬クラシック3冠の中で、1番チャンスが有ったと思われる皐月賞を獲れなかったのは、トゥザワールドにとって本当に痛い。

 ダービーは距離は大丈夫だと思うが、一瞬しか脚を使えない同馬にとって長い直線は脚の使いどころが難しく、相当厳しい競馬を強いられるだろう。ましてや菊花賞などは、どう考えても距離適性外だし(苦笑)

 レース後、トゥザワールド陣営はダービーでの雪辱を誓っていたが・・・。現状では正直厳しい気がするね。


■皐月賞を盛り上げた陰の立役者

 ウインフルブルームの3着には少し驚いたね。

 パドックを見ていて出来の良さが目立つ1頭だったし、前で競馬すればしぶとい馬だというのは当然分かっていたので、思い切って逃げれば面白いかな?とは思っていたが、まさかあそこまで粘るとは。

 ここに来て馬も良くなってきていたし、思っていた以上に器の大きい馬なのかもしれないね。また中山2000mという条件もピッタリだったのだろう。

 また同馬の好走要因の一つとして忘れてはならないのが、手綱をとった柴田大知騎手の絶妙なペース配分だろう。

 1ハロン12秒前後の非常にブレの少ないラップを刻みながら、1000m付近で1度だけペースを緩めて馬に息を入れさせると、そこからまたペースアップして後続に仕掛ける隙を与えないなど、理想的な逃げを打った柴田大知騎手。

 まさに切れる足は無いけど前に行けば粘り強いという、ウインフルブルームの特性を十二分に生かした好騎乗で、もっともっと賞賛されても良いのでは。

 彼がこういった締まったペースを演出したからこそ、予想以上に素晴らしい皐月賞になったのは間違いない訳で、ウインフルブルームと柴田大知騎手は、今回の皐月賞を盛り上げた陰の立役者と言えるんじゃないかな。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/04/21 21:49 ] レース回顧 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。