スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

挑戦し続けたからこそ掴んだ栄光。ハナズゴールが遂にGⅠ馬に輝く! ~2014オールエイジドS観戦記~



 その時、日本から遠く離れた豪州・ロイヤルランドウィック競馬場の最後の直線を、一陣の金色の風が吹き抜けた。

 その風の名はハナズゴール。

 日高の小さな牧場で生まれた、小柄で可憐という言葉がピッタリ似合うような牝馬が、数年後、遠く海の向こうで躍動するなど、誰が想像したであろうか。

 1頭では買い手も付かなかった牝馬が、競馬界でトップクラスの栄誉を獲得するという、まさに良く出来た小説のようなサクセスストーリー。

 「これだから競馬は面白い・・・」

 ハナズゴールの英姿をこの目に焼き付けながら、改めてそう思った・・・。


スポンサードリンク


■挑戦し続けた末に掴んだ栄光


Hana's Goal Perfect Win!! 投稿者 Booooooma


 人は「夢を諦めてはいけない」とか、「常に挑戦し続けなければいけない」とよく言う。

 確かにそうだろう。夢は常に追い求めるべきものだろうし、挑戦し続けなかったら駄目になるということは良く理解できる。

 しかし現実問題、夢を途中で諦めたり挑戦を止める事は良くある。

 お金の問題だったり、家庭の問題だったり、能力の問題だったり。どこかで現実と折り合いを付けなければ生きていけないのが、人間という種の宿命みたいなものだ。

 だがごく稀に、夢を追い続けて挑戦し続けて、何度も何度も壁にぶち当たり倒れこみながらも、その度に立ち上がり周囲に諦めが悪いと言われながらも前進し、遂には目標へ夢へと辿り着く人たちがいる。

 ハナズゴールとマイケル・タバート氏。

 彼らはGⅠという競馬の世界で最も栄誉あるレースを勝ち取るために、ここまで何度も何度も壁にぶち当たりながら、ジタバタと足掻きながら挑戦を続けてきた。

 まずは日本で挑戦を開始し、日本でハナズゴールに適するレースがないのなら、世界へと可能性を求める。

 言葉にすると簡単に聞こえるこの挑戦だが、現実にはハナズゴールが現地の環境にフィットするか未知数だし、滞在費や渡航費などお金の問題もある。

 オーストラリアという地は、馬主であるタバート氏にとっては故郷でも、実際に世話するスタッフやハナズゴール自身にとっては未知の環境。もし何か有ったら、彼女の競走生活そのものをフイにする可能性だって有ったはずだ。

 現実的に考えたら、この春のキャンペーンも日本で行ったほうがリスクも低くなるし、賞金を獲得する可能性も高かっただろう。

 しかしタバート氏とハナズゴール陣営は、周囲から色々言われながらも挑戦すること、夢を追うことを選択し、海を渡った。

 遠征初戦のクールモアクラシック。2戦目のドンカスターマイルH。これら2戦は共に不利に泣かされ着外へと大敗。

 「やはり無謀な挑戦だったのか?」「日本で走っていた方が良かったのでは?」

 この結果を受けて、多くの競馬ファンはそう思ったことだろう。

 海外遠征で2戦続けてこの結果ならば、普通ならここで遠征を切り上げ日本へ帰国することを考える。

 しかし夢を諦めないハナズゴールとタバート氏は、「日本には走るレースがない」と改めて宣言し、もう一度挑戦する道を選ぶ。

 オールエイジドS発走直前、ハナズゴールの単勝オッズは最低人気まで落ち込んだという。

 それはそうだろう。8頭立ての少頭数とはいえ、内4頭はGⅠホースであり、他の出走馬もここをステップにキャリアアップを狙っていた馬ばかり。

 遠い異国から参戦し、ここまで結果を残せていない小柄な牝馬が人気する道理など、正直どこにもなかった。

 しかし最後の直線。その小柄な、誰もが気にしていなかった牝馬が、目の覚めるような素晴らしい脚を使い追い込んでくる。

 馬場の大外を、誰よりもリズミカルなフットワークで、一気に駆け抜けるハナズゴール。その姿は誰よりも力強く可憐で、そして美しかった。

 「この勝利は幾多の苦難に負ける事がなかったハナズゴールに、競馬の神様が与えたプレゼント・・・」

 そんな如何にも有りそうな、陳腐な台詞を言うつもりは全くない。これはプレゼントなどではなく、ハナズゴールが自身の力でもぎ取った、明確な勝利だからだ。

 しかし幾多の苦難に負けることなく、その都度立ち上がり挑戦し続けたからこそ、この日の栄光を勝ち得たのは紛れもない事実であろう。

 苦難に負けず努力し続ける者が必ず報われるほど、勝負の世界は甘くない。しかし成功する者は、栄光をその手に掴む者は、皆すべからく挑戦し、努力し続けている。

 幾多の苦難や心折れそうな敗戦に接しながらも、その都度立ち上がり決して夢を挑戦を諦めなかった、ハナズゴール陣営とマイケル・タバート氏。

 彼らの多大な努力とその諦めの悪さに、私は心からの賞賛と敬意を贈りたい。
 
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/04/26 19:36 ] 海外競馬 | TB(0) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。