スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エイシンヒカリは遅れてきた大物なのだろうか?



 この時期になると新馬戦は既に無くなり、デビューが遅れた未出走馬は経験馬相手とのデビュー戦を強いられることになる。

 レース経験の有無というのは結構馬鹿にならず、のちに上のクラスで好走するような馬でも、レース経験が無い為に経験馬とのデビュー戦では、大敗してしまうという例は珍しくない。

 今回紹介するエイシンヒカリも、ここまでデビューがズレ込み、経験馬とのレースを強いられた1頭。

 多くの先輩ホースたちが跳ね除けられた壁を、彼はどのように乗り越えて見せたのか。インパクトに残るデビュー戦を演じて見せた彼の走りを、改めて振り返ってみたい。


スポンサードリンク

■母父Storm Catの影響が色濃く出た馬体




 エイシンヒカリは父ディープインパクト、母キャタリナ、母の父Storm Catという血統の新ひだか産の3歳牡馬(詳しくはこちら

 父のディープインパクトは説明する必要がないほどの、日本を代表する大種牡馬。

 母のキャタリナはスプリングSでフライングアップルの3着に入ったエーシンピーシーや、笠松で重賞8勝を挙げたエーシンクールディを輩出するなど、高レベルで安定した仔を送り出す繁殖牝馬。

 この母の子供は母系のStorm Catが出る影響か、基本短距離で活躍する馬が多く出る傾向があるが、今回取り上げるエイシンヒカリはStorm Catの影響こそ見られるものの、明らかな短距離志向という馬体はしておらず、中距離あたりで活躍しそうな感じに見えた。

 具体的に言うとがっしりと筋肉質な馬体はしているものの、体高もそこそこ高く胴も平均よりやや長め。脚の長さも標準的で、繋ぎは細くスラッとしていた。

 如何にも中距離の軽い馬場で本領を発揮しそうな馬体をしており、今回外回りの芝1800mで高パフォーマンスを発揮したのは、決して偶然ではないだろうと思われる。

 ちなみに仕上がりそのものは、如何にも未出走の馬らしい、随所に甘さを残すものだった。

 他の未出走馬よりはいくらかマシだったが、当然腰には甘さが残っていたし、筋肉の付き方・張りも今一つ。

 逆説的に言えばこの状態で経験馬相手にアレだけのパフォーマンスを見せたのだから、今後成長しパンとしていけば、どれ程のパフォーマンスを見せるようになるのか。先々が本当に楽しみな馬だと思う。


■現状過度の期待は禁物


 レースでは後半の3ハロンを、メンバー中最速の34秒3でまとめたエイシンヒカリ。

 高速馬場とは言え、道中のペースも決して楽なものではなかったので、この全体時計を叩き出しながら、最後の3ハロンを加速ラップでまとめ切った同馬の潜在能力は、相当高いものなのではないだろうか。

 高回転のピッチ走法ながらも、一瞬の内にトップスピードに達するような切れ味よりも、長く良い脚を使うタイプに映った同馬。この辺もスピードの持続力に秀でた母父Storm Catの特徴を良く引き出していると言えるだろう。

 まだキャリアは一戦だけに、過大評価は禁物なエイシンヒカリ。ここまでデビューがずれ込んだように、心身に関しての不安もまだまだ大きいはず。

 おそらく本格化は古馬になってからのタイプと思われるだけに、今後もじっくりと成長を促していって欲しいと思う。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/05/01 22:45 ] 次代のスター候補生たち | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。