スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウインバリアシオンに天皇賞制覇の好機到来!? 馬体と追い切りからその可能性を占ってみた ~2014天皇賞(春)馬体診断&調教診断~



 前走日経賞を圧勝し、久々の重賞勝利を果たしたウインバリアシオン。

 以前からその実力は高く評価されていたが、屈腱炎による長期間の休養などがあり、ここまでビッグタイトルを手中にすることは出来ていなかった。

 そのウインバリアシオンに巡って来た、念願のタイトル獲得の好機である春の天皇賞。

 直前での騎手変更などアクシデントはあったが、現在のウインバリアシオンの状態を馬体と追い切りから探ってみたい。


スポンサードリンク

■どんな条件でも力を発揮できる馬体




 530キロに届こうかという大型馬だが、そういう大型馬特有の重さは全く感じさせない馬体。

 首とか脚とかはスラッとしているものの、肩とかトモとか筋肉の付くべきところにはしっかりとした筋肉が付いており、オールマイティな中長距離馬という印象であろうか。

 以前はもっと華奢だった印象だが、休養を経て大きく馬体重が増えたように全体的にしっかりしてきたのだろう。

 その辺は以前は追い込み一手だった脚質が、最近はレース前半は後方に位置するものの、途中からマクって行っても最後まで末脚が衰えなくなった脚質に良く現れている。

 同じ父であるジャスタウェイと一緒で、父の晩成の血がここに来ていよいよ本格化してきた印象で、それははち切れんばかりに充実した馬体にも良く現れている。

 スピードとスタミナ、パワーに優れたウインバリアシオン。どんな条件でも安定した成績を残す出来だろう。


■陣営の強気も納得の出来


 1週前追い切りでビシッとやっているので、今週の最終追いきりは馬なりのままだったウインバリアシオン。

 それでも全体で6ハロン82秒1と時計は出ているし、最後の1ハロンも12秒1と優秀で、現在の状態の良さが時計に現れていると言えるだろう。

 これだけに一流馬になるとある意味時計は出るのが当たり前で、本質を見極めるには馬の動きを注視しなければならないのだが、身のこなしに硬さを感じさせるところはないし、腰等も安定していた。

 折からの雨で馬場は悪かったが、バランスを崩すところも見られなかったし、上々の仕上がりだろう。陣営が強気になるのも納得できる状態ではないだろうか。


■確固とした戦略をもってレースに臨みたい


 さてレースの展望だが、外枠の12番を引いたウインバリアシオン。

 相手の出方を見ながら競馬するには少々外枠過ぎるので、ある程度事前に戦略を求められることにはなるだろう。

 基本は内目に入れることを念頭に置きながら、後方からの競馬になるだろうか。そこから道中無理なくポジションを押し上げ、直線手前で先行・好位勢を射程圏に捕らえる競馬が理想的であろう。

 メンバー的にはハイペースは望めないが、ドスローにもならないであろうメンバー構成。おそらく道中は各騎手の心理戦が展開されるはず。

 急遽手綱を任されることになったシュタルケ騎手が、馬の実力を信じてエスコートできるかが、ウインバリアシオンが最上の結果を得ることが出来るかの、鍵を握りそうな気がする。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/05/02 08:00 ] 馬体診断 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。