スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青葉賞に出走するラングレーに、あのダービー馬と同じ面影を見た



皐月賞馬イスラボニータが一歩抜け出したものの、2歳女王レッドリヴェールが参戦を表明するなど、依然として混沌とした状況にある今年のダービー戦線。

 本日行われる青葉賞は、そのダービーへの最重要ステップレースと言えるわけだが、何頭か本番でも面白そうな馬が登場してきた。

 その中でも筆者が期待したいのは、毎日杯4着のラングレー。ここに来て上昇してきている同馬に、あの先輩ダービー馬と同じ面影を感じたのだが・・・。

 さあ、どうなるであろうか?


スポンサードリンク

■先輩ダービー馬に似てきたラングレー



 良い動きだねぇ~。

 もともと乱れの少ないキレイなフォームで走る馬だけど、今回はそれに加えて躍動感のようなものを感じさせてくれたと思う。

 矢作厩舎には以前にもこういった躍動感を感じさせるフォームで走っていた馬がいたが、それが2年前のダービー馬であるディープブリランテ。

 ラングレーも先輩ダービー馬ほどではないものの、この時期の府中では大きな武器になる躍動感を身に付けつつあるんじゃないかな。

 元々スラッとしていて、馬体重の割りに手足の長い体型をしているラングレー。個人的には2000m以下は如何にも短く感じていたので、2400mはピッタリなんじゃなかろうか。

 仕上がり的にも他のライバルたちよりも一歩抜け出しているし、器的にも最上位の同馬。

 ダービーに出走するに相応しい力量馬だけに、ここはキッチリと勝利してくれるものと期待している。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/05/03 07:13 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。