スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケンタッキーオークスはUntapableが圧勝!【速報&動画有】



 つい先程、アメリカのチャーチルダウンズ競馬場でケンタッキーオークスが行われた。

 今年で140回目を迎える伝統の一戦。毎年ここから飛躍を遂げる牝馬が多数存在しているが、今年も今後の活躍が大きく期待できる馬が登場した。

 その馬の名はUntapable。ラグズトゥリッチズやレイチェルアレクサンドラのように活躍することが出来るのか?

 Untapableの今後に注目である。


スポンサードリンク

■その強さにプリークネスS参戦待望論も



 いやぁ~強いですなUntapable。大外枠からの発走で終始外々を回される展開になるも、そのまま早め先頭から押し切りですか。

 如何にもアメリカ競馬らしい先行抜け出しの競馬になったものの、あの内容であそこまで後続を突き放すことが出来るのだから、ここでは力が違ったということだろうね。

 勝ったUntapableはこれがGⅠ初制覇。ここ2戦が圧勝続きで、ここは圧倒的な1番人気に支持されていた訳だが、その強さに懐疑的だった層も認めざるを得ない結果を残したといえるだろう。

 Untapableは父Tapit、母Fun Horse、母の父Prizedという血統のケンタッキー産の3歳牝馬(詳しい血統はこちら

 これで戦績は7戦5勝。騎乗した女性騎手ロージー・ナプラヴニクは2012年のビリーヴユーキャンに次ぐケンタッキーオークス2勝目(おそらく)

 今回の圧勝劇で既に現地ではプリークネスSへの出走が待望視されているようだけど、過去にもここを圧勝してプリークネスSに向かった例は幾つかあるだけに、さあどうなるだろう?

 全ては明日のケンタッキーダービーを観てからとなりそうだが、牡馬と牝馬の頂上決戦がプリークネスSで実現すれば、競馬ファンにとっては楽しみなことになるだろうね。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/05/03 08:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。