スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラストインパクトが天皇賞で皆を驚かせる可能性は決して低くない ~2014天皇賞(春)馬体診断&調教診断~



 レース前から「四強対決」と銘打たれ、キズナ・ゴールドシップ・フェノーメノ・ウインバリアシオンに注目が集中している今回の天皇賞。

 実際確かにこの4頭は強いのだが、強いからと言ってこの4頭で決着するとは限らないのが、競馬というものであろう。

 四強と言われる馬たちも、それぞれが不安な点を抱えているのは明確な事実。その不安が的中すれば大きく崩れてしまってもおかしくない。

 この四強の牙城を崩すことが可能だと思われる伏兵たち。その候補の1頭として、私はまず最初にラストインパクトの名前を挙げたい。


スポンサードリンク

■四強に引けを取らない馬体の持ち主


 実績的には格下だが、馬っぷりの良さでは四強に決して引けを取らない1頭。

 青鹿毛なので余計にそう見せるのかもしれないが、とにかく抜群の毛ヅヤの良さをアピールしており、体調に関しては言うことなさそう。

 基本的には中距離からクラシックディスタンスぐらいがベストの馬だろうが、距離の融通性は高く、また近年は真性のステイヤーよりもこういった馬の方が好成績を上げているのが春の天皇賞。

 小倉大賞典を向こう正面からロングスパートし、最後まで押し切った内容からも、長く良い脚が使える同馬が淀の下り坂で加速していく姿が容易に想像でき、去年のトーセンラーのように快走を見せることも出来るのでは。

 確かに四強は強いが、上昇度は凄まじいだけに、四強の牙城を崩してもおかしくない存在だ。

■メンバー中、上位の追い切り内容

 いつも追い切りは良く見せる馬だが、今回も素晴らしい動きを見せていたラストインパクト。

 ここが休養明け4戦目になるが、しっかりと前走以上の状態に仕上げてきたと思う。今回出走するメンバーの中でも、上位の追い切り内容だったのではないだろうか。

 動き、時計共に文句無い追い切りだったと思う。

■まとめ

 個人的には天皇賞最大の伏兵はこの馬だと思っている。

 馬場は軽ければ軽いほど良い筈で、おそらく日曜は土曜以上に時計が速くなると見込まれることから、同馬にとっては打ってつけの馬場状態になることだろう。

 基本中団から前で競馬をし、2週目の下り坂辺りから徐々に仕掛けて直線粘りこむという競馬が理想的。

 もちろん相手は強いので勝ち切れるとまでは言い切れないが、ベストの競馬が出来れば複勝圏内は充分期待できるだろう。

 今年絶好調の川田騎手の思い切った手綱捌きに期待したい。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/05/03 23:26 ] 馬体診断 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。