スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

能力・素質は1番だが、不安な点もあるミッキーアイル ~2014NHKマイルC馬体診断&調教診断~



 7日、東西トレセンでNHKマイルカップ(GⅠ)出走予定馬の追い切りが行われた。

 注目はここまで4連勝中で、本番でも1番人気が予想されるミッキーアイルの状態。

 アーリントンカップ以来と若干間隔が開いた中で、果たしてどのような状態なのか。フォトパドックと追い切り映像から、現在の同馬の能力と状態を展望してみたい。


スポンサードリンク


品のある好馬体の持ち主



 非常にきれいな馬だなというのが、フォトパドックを観ての第一印象。

 これほど品のある馬体の持ち主は中々おらず、それだけで高い能力の持ち主であることを感じさせている。

 馬体の造りとしては典型的なマイラー体型ではなく、全体的にゆとりをもった中距離をもこなすタイプの馬に見え、もし皐月賞に出走してきたとしても、かなりやれたのでは?と思える造りをしている。

 今までのレース振りを見ていると、ディープ産駒にしては後半に速い脚をそれほど使えていないが、これは逃げという戦法のせいが多分に影響している筈。

 肩のラインは標準よりやや立ち気味で、また切れ長のお尻をしているように、溜めれば一瞬の加速力は相当のモノを発揮する筈。ただその脚を長く使えるかというと、ピッチ走法だけに難しいかもしれない。

 現状では気性的な問題もあり、先行して直線で突き放しそのまま粘りこむという競馬がベストだろう。今後精神面で成長し、好位からの競馬が出来るようになれば、更に上のステージも見えてくるかもしれない逸材だ。

 なお皮膚病に関してはレース当日のパドックで再度注目してみたい。その時も残っているようなら、若干内臓に不安を抱えている状態というジャッジで良いと思う。


追い切りの動きはまずまず

 終いは13秒0と時計が掛かったが、全体では50秒6と好時計を計時。

 動き自体も若干トモが外に流れ気味だったが脚取りは軽く、なかなか良い動きだったと思う。

 途中外ラチ沿いに馬が寄って行った様に、まだラチを頼りたがる面があるようで、やはりレースでも逃げる形がベストだろうか。

 前走のアーリントンカップから間隔が開いたこともあり、100%の出来というまでには及ばないであろうが、大体90%以上の状態には仕上がったと思う。


まとめ

 ここまで5戦4勝。現在4連勝中で重賞も2連勝中のミッキーアイル。

 この戦績が示すように本番でもおそらく1番人気に支持されることであろうが、馬の器といった観点からも出走馬中1~2を争う素質の持ち主であることは間違いないと思う。

 ポイントはやはりその行きたがる気性と戦法、そして状態だろう。

 過去にジョーカプチーノやカレンブラックヒルが勝ったように、東京のマイル戦というのは決して逃げ切ることが不可能な舞台ではないが、それでも600mを超える直線を持つだけに逃げ切るのは至難の業。

 またミッキーアイルは長く脚を使うタイプというよりも、一瞬の切れで後続を突き放し、セーフティリードを築き上げて粘りこむというタイプなので、脚の使い所がポイントになるだろう。

 これが普段東京を主戦場にしている騎手ならば、仕掛けどころも熟知しており上手く乗れるのだろうが、手綱を握る浜中騎手は関西所属であり、お世辞にも東京コースを得意にしているとは言えない。

 能力はあっても仕掛けどころを少し間違えれば勝てないのがGⅠであり、そのことは先週の天皇賞の結果を観ても良く分かるはず。浜中騎手は非常に難しい戦いを強いられることになるであろう。

 果たして難所の東京マイルを上手く乗りこなし、ミッキーアイルを栄光へと導くことが出来るか。それとも「やっぱり・・・」という結果に終わってしまうのか。

 若手有望株としてリーディング争いに絡んでいる浜中騎手が、真のトップジョッキーへと一皮向けることになる鍵を握るのが、もしかしたら今回のNHKマイルCなのかも知れない。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/05/08 09:00 ] 馬体診断 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。