スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GⅠには欠かすことが出来なかった名優ジャガーメイルが引退を発表


ジャガーメイル2009京都大賞

 2010年の春の天皇賞を制すなど、重賞戦線で長きに渡り活躍したジャガーメイルの引退が発表された。

 ジャガーメイルといえば生粋のステイヤー、筆者にはそんなイメージがある。

 ジャングルポケット産駒らしく脚長胴長で、筋肉質過ぎないスラッとした体型の持ち主だったジャガーメイル。

 決して筆者の好みの馬体の持ち主という訳ではなかったが、馬体に品があってかつイケメンで、初めて生で彼を見た時の好印象は、5年以上経った今でも良く覚えている。


スポンサードリンク


日本のみならず香港でも活躍



 ★ジャガーメイルが引退 乗馬に / サンケイスポーツ

 ジャガーメイルは父ジャングルポケット、母ハヤベニコマチ、母の父サンデーサイレンスという血統の浦河・アイオイファーム産の10歳牡馬(詳しくはこちら

 2006年の北海道トレーニングセールで1575万円で現オーナーの吉田和美氏に購入された同馬。

 しかし「仕上がりが早い」ということが売りのトレーニングセール出身馬にしては調整に手間取り、デビューは未勝利戦が終わろうかという3歳秋までずれ込んでしまう。

なかなか仕上がり切らず、いったん抹消して地方競馬に転出する案も出ていたが、当時発生していた馬インフルエンザの影響で退厩することもできず、調整を続けていくうちに動きが良化して、いきなりデビュー戦を圧勝したというエピソードがある。

 一旦は地方競馬転出も話し合われたそうだが、折からの馬インフルエンザ渦の影響で美浦トレセンからの移動が禁じられ、仕方なしに調整しレースに使ってみたら経験馬相手に快勝したという、のちの大活躍を予感させるエピソードがあった。

 その後は休み休みながらも、キャリアを重ねていったジャガーメイル。同馬が一躍その名を知られるようになったのは、2008年のアルゼンチン共和国杯からであろう。

 このレースで2着入ったジャガーメイルだが、この時接戦を演じたスクリーンヒーローが続くジャパンカップも連勝し、同馬の力量にもスポットライトが当たる。

 するとジャガーメイル自身もすぐさま香港遠征を敢行。いまだ重賞を勝ったことがない馬にとっては無謀な挑戦かと思われたが、そのような下馬評も跳ね返しGⅠ香港ヴァーズで僅差の3着に入線。

 急速に力を付けている上がり馬として、その名を広く競馬ファンに知らしめた。

 その後は重賞戦線でも安定した活躍を続け、遂には2010年の春の天皇賞で悲願のGⅠ初制覇(ならびに重賞初制覇)を達成。

 直線でのマイネルキッツとの叩き合いは見応えあるもので、今でも脳裏に鮮烈な印象を残している。


今後はノーザンファームで余生を送ることに

 その後も勝ち切れないまでも、2011年のジャパンカップ3着、2012年の香港ヴァーズ2着とGⅠでも好勝負を続けていた同馬。

 息の長い活躍で、中長距離路線の重賞には欠かせない存在として競馬ファンに愛されてきたが、今年10歳を迎え流石に衰えが出てきたのか、日経賞9着、天皇賞16着と少々厳しい着順に終わっていた。

 この成績に関係者も今が潮時と感じたのだろう。長きに渡った競走馬生活にピリオドを打ち、オーナーが所有するノーザンファームにて乗馬として余生を送ることが9日、JRAより発表された。

今後は北海道勇払郡のノーザンファームに移動して、乗馬として余生を過ごす予定。

 種牡馬入りできなかったのは少々残念だが、今の時代はステイヤーにとっては厳しい時代で、この決断も致し方ないと思う。菊花賞やメルボルンカップを勝ったデルタブルースですら、種牡馬入り出来ない時代なのだから。

 それでも乗馬として余生を保障されているというだけでも、他の馬に比べれば恵まれていると言え、これも自身が現役時代に懸命に走り続けたが故に、勝ち取ることが出来た待遇と言えるかもしれない。

 いずれにしてもおよそ7年にも渡り走り続け、我々競馬ファンを楽しませ続けてくれたジャガーメイル。

 彼には「お疲れ様」という言葉を贈ると共に、今後の余生が幸福に満ち溢れたものになることを心から願っている。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/05/10 09:14 ] お疲れ様 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。