スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イスラボニータ 上積みを感じられないのが不満だが舞台適性は充分 ~2014日本ダービー馬体診断~



 いよいよ今週は競馬界最大のレース、日本ダービーが行われる。

 ここに堂々たる主役として登場するのが、皐月賞馬イスラボニータだろう。

 明らかに府中向きと言われながらも、他馬を圧倒する内容で1冠目を制した同馬。その内容から牡馬の中では抜きん出た存在のように思われるが、果たして2400mに距離が伸びてどうなのか?

 先週のハープスターのように距離を不安視する声も上がるイスラボニータだが、その点も含めてフォトパドックを見ながら考えてみよう。


スポンサードリンク


イスラボニータの馬体診断


馬体の造り

 コジーンの肌にフジキセキということで、距離適性に関して色々言われているイスラボニータだが、馬体を見る限りは特に問題は感じられない。

 フジキセキ産駒にしては全体的にスラッとした体型で、四肢も標準よりもやや長め。繋ぎも非常に柔軟かつ長く、如何にもクッションが効きそう。

 胴の長さも標準的なので、所謂マイラー体型には見えない。2000m前後がベストの中距離馬ではないだろうか。

 イスラボニータといえば大きなストライドが特徴的な馬だが、それも脚の長さと繋ぎの柔軟さ。程よく付いた柔らかな筋肉を見れば納得できる。

 非常にキレイな走り方をする馬で、如何にもパワーよりも切れ、スピードが売りの同馬。道悪は明らかなマイナスだろう。

出来、仕上がり

 仕上がりに関しては、1週前の段階で比較すると正直皐月賞の方が良く見える。

 皐月賞の時は肩やトモの筋肉の隆起が明らかにハッキリと見て取れたが、それに比べると今回は筋肉の隆起がぼやけており、物足りない。

 毛ヅヤの張りも皐月賞の時の方が良く見えるので、正直上積みという点では疑問符が付く姿だ。

 といっても出来が悪いと言っているのではない。皐月賞時のフォトパドックが余りにも素晴らしいので、それに比べると見劣るということ。

 他のダービー出走馬との比較で言えば、上位に数えられる状態であることは間違いないだろう。ただ上積みという点では余り期待出来ないかもしれない。


まとめ

 上積みが余り感じられないという点は少々不満だが、それでも現状でダービーの最有力候補であることは間違いないと思う。

 近年のダービーは2000mベストの馬が好成績を残す傾向が強いので、その点からもイスラボニータは有力なのでは。

 馬体適性的には明らかに中山よりは府中でこそなので、状態が平行線でも皐月賞より更にパフォーマンスを上げてくる可能性は高い。

 ただ余りにキレイ過ぎる馬体をしている馬なので、最後叩き合いなど底力勝負になると何かにやられてしまう可能性は否定できない。

 馬券的には単勝も狙えるが、連軸として最適という評価かな。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/05/28 08:00 ] 馬体診断 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。