スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ショウナンラグーン 大久保洋吉師最後のダービー。有終の美を飾ることが出来るか!? ~2014日本ダービー馬体診断~



 3日に渡りお届けしてきたダービー出走馬の馬体診断も、この記事が最後。

 その馬体診断最後の記事を飾るのは、名牝メジロドーベルの血を引く青葉賞馬ショウナンラグーン

 管理する大久保洋吉調教師にとっては、今回がホースマンとして最後のダービーになるわけだが、厩舎ゆかりの血統を持つ馬と共に挑む最後のダービーで、有終の美を飾ることが出来るのか?

 その走りが大いに注目される。


スポンサードリンク


ショウナンラグーンの馬体診断


馬体の造り

 「ド迫力」この言葉がこれほどしっくり来る馬もそうそういないのでは?思わずそう考えてしまう程インパクトのある馬体をしている。

 筋肉質な馬が多いマンハッタンカフェの肌に父シンボリクリスエスなので、そう考えるとある程度迫力ある馬体に出ることは予想できるのだが、3歳のこの時期にここまでの筋肉量を持つ馬はそうそういないだろう。

 一見すると筋肉質過ぎるだけにダート馬?という懸念も持ってしまいそうになるが、筋肉の質は柔らかく肘離れも良いので芝でも充分走れている。また骨格自体は比較的軽い造りだ。

 馬体的には距離が伸びて良いというタイプには映らない。恐らく2000m前後がベストな馬だろう。中距離適性の高さを問われるダービーなら、充分力は発揮出来る筈だ。

 これだけパワーを感じさせる馬体ならば、道悪競馬でも全く問題ないはず。もし走らないとしたら精神的な問題ではなかろうか。

出来、仕上がり

 毛ヅヤがピカピカで筋肉の張りは凄まじく、馬見の素人が観ても絶好調と分かるではないか?と思うぐらい充実している。

 とにかく筋肉の張りが凄まじく、特にトモの充実振りには目を見張るものが。シンボリクリスエス産駒でここまで筋肉質な馬は殆ど記憶に無く、非常に珍しいと思う。

 また派手なトモに目が行きがちだが、肩の充実振りも素晴らしい。最後のダービー挑戦ということで、大久保洋吉調教師も全身全霊を込めて仕上げてきたのではなかろうか。

 父の産駒らしく若干神経質そうな顔をしているので、ダービー当日のテンションには注意だろう。少しチャカつくぐらいなら問題ないだろうが、明らかにイレ込んでいたら評価を下げたい。

 フォトパドック撮影時の状態で判断するならば、ダービー出走馬中五指に入る仕上がりだろう。


まとめ

 例年に比べると地味に映る青葉賞組だが、この馬体を見るとショウナンラグーンは上位に評価したくなる。

 今回もおそらく後ろからの競馬になると思うが、これだけ筋肉質で肩も立ち気味だと、ストライドよりはピッチよりの走法になるので、しっかり道中で脚を溜めないと長く脚は使えないだろう。

 なので不確実性は高いが、直線に賭ける競馬はある意味正解だと思う。

 出来は本当に良いので、あとは展開一つ。嵌らないとサッパリという場面は充分考えられるが、いざ嵌れば馬券圏内も充分ありえる。

 評価としてはアタマまでは流石に考えづらいが2・3着なら。連下(△)候補の1頭という評価で良いのではないだろうか。

◆ブログ移転しました◆
新しいブログ『馬事総論ドットコム』を開設しました。今後はこちらのブログで更新を続けます。
新しいブログのURLはhttp://bajisouron.com/です。
恐れ入りますがお気に入りの変更をお願いします。

スポンサードリンク

follow us in feedly

[ 2014/05/30 09:00 ] 馬体診断 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。