カテゴリー  [ レース回顧 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キズナは衰えず!更なる進化への期待を垣間見せた京都記念 ~2015京都記念レース回顧vol.2~


 骨折という大きなアクシデントにも負けず、凱旋門賞制覇という大目標に向けて復帰してきたキズナ。

 復帰戦となった京都記念は残念ながら3着と敗れたが、素晴らしい末脚で3着に追い込んできており、スターホースの意地は見せたと言えるだろう。

 今回無事に復帰したキズナの走りを見て筆者が何を思ったか、レース回顧として記してみたい。

[ 2015/02/16 12:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

ハープスターの京都記念での敗因を考えてみた ~2015京都記念レース回顧vol.1~


 二強対決と謳われた今年の京都記念だが、結果としては二強ともに敗れるという波乱とも言える結果で幕を閉じた。

 その二強の中でもキズナは鋭い追い込みを見せて3着と見せ場は有ったが、もう1頭のハープスターは中団で競馬をするも、直線ではさっぱり伸びないという予想外の姿を見せて敗退。

 今回は全く見せ場のなかったハープスターについて、どうしてそうなったのかを考えてみたい。

[ 2015/02/16 08:50 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

キャットコインが力強く抜け出し快勝!急死した父ステイゴールドに重賞勝利を捧げる ~2015クイーンCレース回顧~


 牡馬に比べて層が薄いといわれる今年の牝馬クラシック戦線だが、ここに来て有力馬が名乗りを上げ始めてきた。

 3戦3勝、無敗のまま重賞タイトルを獲得したキャットコイン。先頃急死した父ステイゴールドに弔い星を捧げた孝行娘は、今後どこまで行けるのだろうか?

[ 2015/02/15 09:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

ポルトドートウィユ、アッシュゴールド、レガッタ。明暗分かれた良血馬たち ~2015きさらぎ賞レース回顧vol2~


 ルージュバックの強さばかりが目立った今年のきさらぎ賞。

 この記事では2着のポルトドートウィユ、3着のアッシュゴールド、そして注目されながらも7着と惨敗したレガッタについて取り上げたい。

[ 2015/02/11 08:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

ロゴタイプは予想以上に頑張った!?根岸ステークスにおける同馬の姿を振り返る


 先週の根岸ステークスに出走し、8着と敗れたロゴタイプ。

 結果的にはダート競馬は甘くないという現実を味わう形となった訳だが、それでもポジティブな面はいくつか見られたと思う。

 筆者的には予想以上に頑張った感じられた今回のロゴタイプの挑戦。少しじっくりと振り返ってみたいと思う。

[ 2015/02/03 20:51 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

待望の勝利で一皮向けるか!?エアハリファが重賞初制覇! ~2015根岸ステークスレース回顧~


 皐月賞馬ロゴタイプの参戦により、例年以上に注目された根岸ステークス。

 結果としてはダート路線は甘くはないという結果に終わった訳だが、まずはレースの流れと上位3頭の競馬自体を振り返ってみたいと思う。

[ 2015/02/02 11:15 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

アンバルブライベンが新たな面を見せて重賞2勝目! ~2015シルクロードSレース回顧~


 絶対王者ロードカナロアが引退してから、核となる馬の不在が続いているスプリント路線。

 その現状を表すかのように、人気が割れていたシルクロードステークスだが、終わってみればアンバルブライベンが重賞2勝目を飾り、混戦のスプリント路線の中で存在感をアピールする結果となった。

 アンバルブライベンの強さは本物なのかどうか。簡単にレースを分析してみよう。

[ 2015/02/01 19:36 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

ゴールドシップが気難しい馬というのは関係者・メディアの作り上げた虚像!?AJCCの敗因を分析しつつ、ゴールドシップの本当の姿を考えてみた


 現役屈指の強豪馬ゴールドシップ。

 そのゴールドシップが「元気が良すぎるから」という理由で、先週GⅡのアメリカジョッキークラブカップ(以降AJCC)に出走。

 58キロの斤量を背負わされているとはいえ、得意としている中山コースでこの相手によもや不覚は取らないだろうと思われたが・・・。

 結果は同馬にとって大敗とも言える7着。予想外の敗戦を喫することになった。

 その敗因について今色々と議論が交わされているが、果たして本当のところはどうなのだろうか?筆者なりに分析してみたい。

[ 2015/01/27 21:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

ポテンシャルの高さはクラシック級!? 惜しくも涙を呑んだブラックバゴ ~2015京成杯レース回顧vol.2~


 道中大きな不利を被りながらも、直線力強く伸び勝利まであと一歩と迫ったブラックバゴ。

 惜しくも最後はベルーフに差し切られ2着と涙を呑んだわけだが、その実力の高さは大いに証明できたのではなかろうか。

 バゴという決してメジャーではない種牡馬の産駒ながら、ここまで周囲の期待を大きく上回る走りを一戦ごとに見せてくれているブラックバゴ。
 
 そのブラックバゴの走りと、その底知れぬ可能性について考えてみたい。

[ 2015/01/19 16:23 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

激戦を制したベルーフ クラシック本番での好走の可能性は? ~2015京成杯レース回顧vol.1~


 ゴール前では4頭横並びの激戦となった今年の京成杯。

 皐月賞と同じコースで行われることもあり、どうしてもクラシックに繋がるか思いを巡らせることになるレースだが、今回出走した17頭の中から、クラシック本番を沸かせる存在は登場するのだろうか?

 まずは激戦を制したベルーフのレース振りについて振り返りながら、今後の可能性を考えてみたい。

[ 2015/01/19 16:06 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。