スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サンダーガルチが種牡馬引退を発表。今後は功労馬として余生を送ることに


 先日アメリカの名馬サンダーガルチの種牡馬引退が、繋養先のアッシュフォードスタッドから発表された。

 1999年にリース種牡馬として日本でも種付けを実施したことがあるサンダーガルチ。

 筆者にとっても縁のある名馬の引退の報だけに、色々と感慨深いものがある。

[ 2015/01/31 07:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

無敗の3歳牝馬タグルーダがまさかの敗戦!今年の凱旋門賞戦線が一気に混沌へ


 現地時間の8月21日。イギリス・ヨーク競馬場にて3歳以上牝馬による芝12ハロンのGⅠ、ヨークシャー・オークス(英GⅠ)が行われました。

 このレースで注目を浴びていたのは、凱旋門賞の前哨戦としてここを選んで出走してきた、無敗の3歳牝馬タグルーダの走り。

 前走のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英GⅠ)で古馬を一蹴し、今年の凱旋門賞の最有力候補と見られていた同馬が、ここでどういう勝ち方をするのか?

 同レースにおける戦前の興味はこの一点に集中していたのですが・・・。

 やはり競馬に絶対はありませんでした。大本命タグルーダ、伏兵タペストリーにまさかの敗戦です。

[ 2014/08/22 07:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

オーストラリアがインターナショナルSを快勝!しかし凱旋門賞には向かわない可能性も?

2014インターナショナルS

 現地時間の8月20日。イギリス・ヨーク競馬場にて芝10ハロン88ヤードのGⅠ、「インターナショナル・ステークス(英GⅠ)」が行われました。

 以前日本からはゼンノロブロイが参戦し、エレクトロキューショニストの2着に入るなどした伝統あるこのレース。

 今年は英ダービー馬オーストラリア Australia が参戦するということでいつも以上に注目を集めることになりましたが、同馬はその期待を裏切ることのない走りを見せ快勝。

 秋シーズンの競馬に向けて、幸先の良いスタートを切りました。

[ 2014/08/21 11:06 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

ミルコ・デムーロ騎手が未勝利馬をGⅠ制覇に導く ~2014ドイツオークス・ディアナ賞~


 現地時間の8月3日、ドイツのデュッセルドルフ競馬場でGⅠドイツ・オークス(ディアナ賞)が行われました。

 このレースを制したのが、日本でもお馴染みのミルコ・デムーロ騎手が手綱を取った未勝利馬フェオドラ

 日本では有り得ない未勝利馬のGⅠ制覇(日本では未勝利馬はGⅠに出走できない)を達成したフェオドラですが、その偉業達成の大きな要因としてデムーロ騎手の好騎乗が有ったことは、疑い様の無いところだと思われます。

[ 2014/08/04 23:18 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

キングマン 新旧マイル王対決を制し、欧州最強マイラーに名乗りを上げる 2014サセックスSレース回顧



 お久しぶりです。ひと足早い夏休みから帰ってまいりました(笑)

 8月になりましたのでぼちぼち更新を再開して行こうと思います。よろしくお願いします。

 さて日本では夏のローカル競馬が本格的に始まりましたが、欧州では逆に上半期を締めくくるGⅠレースが続々と行われています。

 現地時間の30日には3歳馬と古馬が始めて激突するマイルGⅠ、サセックスS(英GⅠ)が行われました。

 今年も少頭数ながら3歳馬と古馬のトップホースが顔を揃えたサセックスS。今年の3歳馬の水準を計る上でも見逃せないレースとなりましたが、果たして結果はどうなったのでしょうか?

[ 2014/08/01 07:46 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

カリフォルニアクローム ネーザルストリップ問題が解決しベルモントS出走にゴーサイン

カリフォルニアクロームーネーザルストリップ解決


 昨日、アメリカ3歳2冠を達成したカリフォルニアクローム(California Chrome)が、「ネーザルストリップ」という鼻腔テープの使用許可が下りない場合、3冠目のベルモントS(米GⅠ)を回避するかも知れないという記事をPOSTした。

 この問題はアメリカのみならず世界中から注目され、果たしてカリフォルニアクロームの3冠挑戦はどうなってしまうのか、ニューヨーク州側の対応が注目されていたのだが・・・。

 現地時間の19日に、予想よりも早くこの問題が決着。ニューヨーク州側より「ベルモントSでのネーザルストリップの使用を許可する」というプレスリリースが、各報道機関に向けて発表された。

[ 2014/05/20 22:22 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

カリフォルニアクロームの3冠挑戦が消滅!? そして話題の「ネーザルストリップ」とは?


 先日行われたプリークネスS(米GⅠ)を快勝し、36年振りの3冠馬誕生へ王手をかけたカリフォルニアクローム。

 アメリカ競馬の中ではマイナーな存在である、カリフォルニア産馬から登場したスターホースということで、アメリカンドリームを体現するような走りに多くの競馬ファンが胸躍らせている最中だったのだが・・・。

 そんな騒ぎに冷や水をぶっ掛けるような事態が発生。何とカリフォルニアクロームが3冠目となるベルモントS(米GⅠ)に出走しない可能性が、ここに来て急浮上してきたのである。

[ 2014/05/19 22:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

トウケイヘイローは果敢に逃げるも4着 ~2014シンガポール航空国際C観戦記~


 18日、シンガポールのクランジ競馬場で行われたシンガポール航空国際カップ(星GⅠ)。

 このレースに、今年は日本からトウケイヘイローが出走。

 昨年の香港年度代表馬であるミリタリーアタックや、チャンピオンズマイル(香GⅠ)の勝ち馬であるダンエクセルなど強豪が出走してきた中、香港カップ(香GⅠ)2着の実績などが買われて3番人気に支持された同馬。

 人気的にも同レース主役の1頭として期待されたトウケイヘイローだったが、レースでは果敢に逃げるものの、同馬をピッタリとマークしていたダンエクセルに直線早々に交わされ、4着という結果に終わった。

[ 2014/05/19 10:00 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

オリンピックグローリーがロッキンジSを快勝! デットーリ騎手はGⅠ200勝の偉業を達成


 現地時間の17日。イギリスのニューバリー競馬場において、今年の欧州古馬マイル路線の幕開けを飾る一戦、ロッキンジステークス(英GⅠ)が行われた。

 注目を集めたのは昨年のクイーンエリザベス2世S(英GⅠ)の覇者で、今年の欧州古馬マイル路線の主役を務めると目されたオリンピックグローリーの走り。

 管理するリチャード・ハノン調教師にとっても、父の厩舎を受け継いでから初めて本命馬を大レースに送り出すということになり、現地では非常に大きな注目を集めたようだが・・・。

 結果は見事オリンピックグローリーが1番人気に応えて快勝。ハノン師にとっても胸を撫で下ろし安堵する結果となった。

[ 2014/05/18 18:16 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

カリフォルニアクロームがプリークネスSを完勝!アファームド以来、36年振りの三冠馬誕生なるか!?

California Chrome

 先ほど、アメリカのピムリコ競馬場においてアメリカ三冠レース第二戦、プリークネスS(米GⅠ)が行われました。

 最大の注目は一冠目のケンタッキーダービーを圧勝したカリフォルニアクローム(California Chrome)が、どのような競馬を見せるのかということでしたが・・・。

 そんな重圧も何のその!と言うべき走りで、見事二冠を達成しました。

[ 2014/05/18 07:58 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。