スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

終わってみれば勝って当然だったサクラゴスペル ~2015オーシャンSレース回顧~


 高松宮記念の前哨戦として今年も行われた「第10回 オーシャンステークス(G3)」。

 直線外から豪快の追い込みを決めたのは、7番人気とそれほど高くない評価だった伏兵サクラゴスペルだった。

[ 2015/03/08 20:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

雨と展開が有力馬の明暗を分ける結果に そしてブチコの敗因は? ~2015チューリップ賞レース回顧~


  あいにくの雨の中行われた桜花賞トライアル、「第22回 チューリップ賞(G3)」。

 唯一関東からの参戦となったココロノアイが、雨馬場を諸共せずに鋭く伸びて快勝。関東馬有利の桜花賞路線に、また1頭関東所属の有力馬が誕生する結果となった。

[ 2015/03/08 16:00 ] レース回顧 | TB(-) | CM(-)

オルフェーヴルやドリームジャーニーの母、オリエンタルアート死す


 ドリームジャーニーやオルフェーヴルなど、母として日本の競馬史に名を残す名馬を送り出してきたオリエンタルアート。

 そのオリエンタルアートが7日、繋養先の白老フォームで子宮穿孔に腹膜炎が原因により死亡した事が、デイリースポーツの報道により明らかになった。享年18歳。

[ 2015/03/08 10:33 ] お疲れ様 | TB(-) | CM(-)

今年もこのレースからクラシックホースが誕生するか!? ~2015弥生賞調教診断&当たらない競馬予想~


 本日の中山メインレースは皐月賞トライアル、「第52回 弥生賞(G2)」。

 皐月賞本番と同じ舞台で行われ、過去には何頭ものクラシックホースを送り出した、今後を占う意味でも重要な一戦だ。

 是非とも馬券も当てたいこのレース。今回もいつもどおり調教診断と予想をお届けする。

[ 2015/03/08 08:00 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(-) | CM(-)

今年も大荒れ必死か!? ~2015オーシャンS調教診断&当たらない競馬予想~


 本日の中山メインレースは高松宮記念の前哨戦、「第10回 オーシャンステークス(G3)」。

 これといって抜けた馬が居らず大混戦の様相を呈している同レースだが、恒例の調教診断と当たらない競馬予想をお届けしたい。

[ 2015/03/07 10:44 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(-) | CM(-)

ブチコの取り捨ては? ~2015チューリップ賞調教診断&当たらない競馬予想~


 本日の阪神競馬場メインレースは、クラシック第一弾桜花賞の最重要トライアルである「第22回 チューリップ賞(G3)」。

 本番と同じ舞台に17頭が出走してきたわけだが、恒例の調教診断ならびに当たらない競馬予想をしてみたい。

[ 2015/03/07 09:29 ] 調教診断&当たらない競馬予想 | TB(-) | CM(-)

戦争で片足を失くした騎手が義足を着けレース復帰! 見事な騎乗ぶりで3着と大健闘


 2月13日、イギリスのサンダウン競馬場で多くの人々に感動と勇気を与えるような、素晴らしい出来事があった。

 この日、同競馬場で行われた障害レース「ロイヤルアーティラリーゴールドカップ」に出走したバリーアリアマンに騎乗していたのが、職業軍人でもあるガイ・ディズニー騎手。

 彼はアフガニスタン紛争に参加した際、戦闘に巻き込まれ右脚を負傷。膝から下を切断するという不幸に見舞われるのだが、そのアクシデントにも負けず義足を着けて同レースへ出走。見事3着に入線するという快挙を成し遂げた。

[ 2015/03/06 22:19 ] 海外競馬 | TB(-) | CM(-)

桜花賞馬オグリローマン死す


 日本競馬史上、空前の大ブームの立役者となった名馬オグリキャップを兄に持ち、自身も1994年の桜花賞を制した名牝オグリローマン。

 そのオグリローマンが3月3日、繋養先である北海道新ひだか町・稲葉牧場で病気の為に亡くなっていたことが、先ごろ各メディアにて一斉に報じられた。享年24歳。

[ 2015/03/06 16:00 ] お疲れ様 | TB(-) | CM(-)

最後まで気高さを失わずに逝ったシスタートウショウ


 1991年の桜花賞を制し、続くオークスではイソノルーブルと激闘を展開した名牝シスタートウショウ。

 そのシスタートウショウが3月3日、余生を送っていたトウショウ牧場で老衰により亡くなった。享年27歳。

 のちに「牝馬の角田」と呼ばれることになる角田晃一騎手(現・調教師)に、初めてのGⅠタイトルをもたらしたシスタートウショウ。気高く美しく、そして強かった彼女の冥福を祈りたい。

[ 2015/03/05 20:00 ] お疲れ様 | TB(-) | CM(-)

ブチコは芝でもやれるのか!?を考えてみた


 週始めからヤフーのトピックスに何度か取り上げられたり、雑誌で特集を組まれたりと、かなりの注目を集めている白毛馬ブチコのチューリップ賞挑戦。

 ちょっと過熱気味では?と少々心配もしたくなるが、まあどちらかというとブチコ自身の愛らしさに焦点が置かれた注目だったりしているので、まあまだマシかな。

 そんな世間の注目の的であるブチコのチューリップ賞最終追い切りが、4日栗東トレセンで行われた。どんな感じだったのか?映像を見ながら考えてみたい。

[ 2015/03/05 12:00 ] 競馬雑談 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。